2015年5月22日金曜日

なんちゃってLover2回目

6系の押弦をすべて無くしました。8897とか5564とかを、ただのメジャーコードとかセブンス・コードに変えました。
すごくラクになった。
往年のウクレレの名手たちのアレンジ版Loverを雰囲気からして違うアレンジにしてしまったら、ウクレレでかき鳴らす「Lover」の意味がなくなってしまうのですが、
これなら聴いた感じ、そんなに違和感がないのではないでしょうか?
などと、「えっへん」な感じですが、数人の方に違和感が無いと言ってもらったのでこうやって書いています。最初は違和感あるんじゃないかって、ちょっとビクビクしてましたよ。
ストラムが出来ないといけないけど、僕みたいに指の逆反りが出来ない人にはLover演奏への一筋の光明を見いだせたのではないか…などと大げさに言っておきます。
何度も書くけど、個人的にはこの曲弾くの、相当ラクになりました。
イージーになったLoverだからイージー・ラヴァーと呼ぼうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿